業種別オフィスレイアウトで業務効率アップ

どんなレイアウトにすれば良いのか

デスクの配置を考えよう

みんなで協力し合って仕事を進めることを目標にするなら、対面式の配置にしてください。 すると同じ仕事を進めている仲間同士が隣り合わせになるので、すぐに話し合ったリ助けを求めたりしやすくなります。 メリットが多く、この配置を採用する会社が増えています。

横に並べる方法もある

並列式レイアウトだと、横にデスクを並べます。 前を向いても他人の背中しか見えないので、視線を気にすることはないでしょう。 それでも横同士でコミュニケーションを取れるので、孤独に感じることはありません。 主にコールセンターなどで、この配置が採用されています。

個人の仕事が多い業種

あまり他の人とコミュニケーションを取らず、個人で仕事を進めることが多いなら集中できる環境を整えてください。 そのため、背面式レイアウトにしましょう。 社員が背中合わせになって座る配置で、さらにパーテーションでデスクを区切ります。 すると、自分だけの空間を得られます。

対面式の配置を知ろう

最も多くオフィスで導入されている配置が、対面式になります。
これは部署ごとにデスクをまとめる方法で、同じ仕事を進めている人同士がコミュニケーションを取りやすい面がメリットと言われます。
スペースの無駄もありませんし、部署の電話やパソコンの配管も管理しやすいです。
ただデスクが隣り合い、壁もないので社員のプライバシーを守りにくい面がデメリットに挙げられます。

秘書室やコールセンターなどでは、並列式のレイアウトを採用するところが多いです。
横同士は繋がりを持ちますが、縦同士の繋がりがほとんどないのでプライバシーをしっかり守りながら仕事に取り組めます。
ストレスがないというのが、大きなメリットですね。
また入り口に向かうようにデスクを配置すると、顧客が訪れた時もすぐ気づけます。
この配置なら、誰も気づかず顧客を放置するというトラブルを回避できるでしょう。

背面式レイアウトは、同じ部署でもみんなが背を向けて仕事を進めるようデスクを配置します。
デスクの配置自体は対面式と同じですが、目線より高い位置にパーテンションを付けて、視界を遮るのがこのレイアウトの特徴です。
誰の顔も見えず自分だけの空間を維持でき、集中して仕事に取り組みやすいと言われています。
ただそれぞれのデスクにパーテーションを用意するので、コストが高い面がデメリットです。
また他の人がどのような仕事をしているのか把握しにくく、積極的に仲間同士で声を掛け合わなければいけません。